服作業服の特性

服作業服の特性

作業服にはさまざまな役割がありますが、作業服の特性はやはり丈夫であるということではないでしょうか。身体を守る、保護するという役割が強い作業服は丈夫な生地で作られていることが多いです。

職場によって着るべき作業服も違ってきますが、厚くて丈夫な綿で作られていることもあれば、そこに防水加工や防炎加工が施されていたり、通気性を持たせるために一部分がメッシュ素材になっていたり、それぞれの場面で作業しやすいように工夫されています。

つなぎの作業服もあれば上下に分かれている作業服もありますが、上下に分かれた作業服の場合ウエスト部分に汚れや破片などが侵入してしまう可能性もありますので、現場によってはつなぎの作業服にしなければならないことも多いです。

また、作業服というのは脱げにくい上に保湿性が高いです。それでいて身体を締め付けませんので、全身を動かしやすく体を動かして仕事をする人にはかなり向いている服であると言えます。作業性が良いというのは作業服ならではの特性であると言えるでしょう。

最近はジーンズなどと同じようにカジュアルウェアとしても作業服が着られるようになりましたので、現場で仕事をする人だけでなく、遊戯業などの制服としても作業服が多く利用されるようになっています。