作業服の役割

作業服の役割

作業服は仕事場の制服としても良く利用されていますが、何故作業服はそこまで利用されているのでしょうか。理由はいろいろとありますが、主な理由は「怪我や汚れ・ほこり等から体を守ること」、「気持ちを切り替える」ための2点があげられると思います。

高所などで作業したりする特別な場合を除くと普通の服でも作業をすることは出来ると思いますが、作業服であれば汚れやほこりなどを気にしなくても良いですし、動きやすいですので楽に作業をすることが出来ます。専用の服が決められていた方が楽でもありますよね。また、着るもので心理的に気持ちを切り替えることが出来ると言われています。学校の制服のように作業服も着ることによって気持ちが仕事モードになり、脱ぐことにより仕事モードをオフにすることが出来ます。作業服にはそのような効果があるのも大きいです。

その他、組織としての一体感を出すために会社で制服が指定されているということもあります。正しい行動や協調性のある行動を取ろうとする深層心理が人にはあると言われているのですが、この心理が作業服を着ることによって無意識のうちに出ると言われています。このようにさまざまな効果があることから作業服はいろいろな会社で利用されているのでしょう。